入社前にチェックできるポイント

入社にあたってのチェックポイント

 

 応募先を探しているときには、自分の過去の経歴や現在のスキルが活かせることを重視して、求人をチェックすることでしょう。ですが、仕事内容や勤務条件がマッチしているからといって、転職先が自分にとってベストなところとは言い切れません。

 

 それは、自分の働くうえで大事にしている価値観と、転職先の社風がミスマッチな場合、働き心地がよいとはいえないからです。40歳ともなれば、仕事で個人であげる成果より、組織で大きく実績を伸ばすことを求められますから、協働できる職場であることが、転職成功の大きなファクターになるのです。

 

 入社に際して、自分が職場に何を求めるのかを冷静に考え、チェックすべき項目をピックアップしておきましょう。

 

入社を承諾する前に確認しておくべきこと

 

 内定の連絡があったら、まずすべきことは、労働契約書の確認です。労働基準法により、企業は雇用者に対し、労働条件を書面で明示し、双方が合意したうえで、雇用契約を交わす必要があります。

 

 その内容が求人票や面接での説明通りなのか、自分が納得できる内容かを確認し、それから入社の諾否を返答しましょう。もし、勤務条件で交渉したい際には、このときに話し合いを行いましょう。

 

 

【関連記事】