転職活動の際に内定の通知や採否の通知に関する対処法

応募先に内定の通知を貰った時の対処法

 転職希望者によっては、複数の企業から内定通知を受ける事もあります。内定通知を貰ったとしても、他の企業に興味があって、結果を待ってから決める事を考える場合もあります。面接などで内定の通知が出て、受諾をする意志を伝える場合、基本的に多くの会社で数日から1週間程度は待ってもらえる場合が多いです。他の会社に入社を検討している場合、他の会社の採否の結果を待っている事を丁重に説明して、1週間ほど待ってもらうなどの対処を心掛ける事が重要です。複数の会社を検討している場合、会社の優先順位を自分で決めておく事も心掛けます。

 

入社の意思がない時の意思表示の方法

 基本的に面接が終了した後に、採否の判断を企業側で行うが、採否の結果を出すための労力のことを考えると、面接した後にできるだけ早めに入社の意思がない事を伝えます。企業側はできるだけ採用の活動を短くして、即戦力のある転職者を入社させたいので、できれば採否の結果が出るまでに入社の意思がない事を伝えた方が良いです。

 

採否の通知に不満がある場合の対処法

 不採用の理由に関して、原則的に企業から理由を詳細に説明する事はあまりありません。不採用の理由をわざわざ伝える時間が無かったり、応募者の公平さの点から不採用の理由を詳細に伝えられないです。不採用の理由をどうしても知りたいのならば、電話やメールなどで当たってみて、今後の活動での参考にしたいなどの意思を伝えることが重要です。